Musubu(ムスブ)から企業情報をスクレイピングする

Musubu(ムスブ)は、法人営業を支援する企業データベースです。数千社の営業リストを30秒で作成可能です。成約可能性の高い企業を自動選定、リストアップした企業への営業履歴を管理する案件管理機能もあります。営業先選定から営業管理までMusubuひとつで実現できます。

スクレイピングツールの概要

ScrapeStormとは、人工知能に基づき、強い機能を持っているWebスクレイピングツールです。プログラミングが必要なく、ほとんどのWebサイトからデータをスクレイピングします。URLを入力するだけで、自動的にWebサイト内容と次のページボタンを識別できます。1-ClickでWebサイトからデータを自動的に抽出します。Excel、HTML、Txt、CSVなどのさまざまな形式でデータを出力、保存できます。さらに、データベースやウェブサイトにデータをエクスポートできます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

Excel 2007へのエクスポート:

f:id:satoshihirai1:20200216183354p:plain

1.タスクを新規作成する

(1)URLをコピーする

目標企業の業界、地域、上場種別などの条件を入力して、検索結果ページのURLをコピーしてください。

f:id:satoshihirai1:20200216183441p:plain

(2)スマートモードタスクを新規作成する

ソフトウェアのホームページ画面に新規作成ができます。また、タスクをインポート機能も提供します。

詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

URLを正しく入力する方法

f:id:satoshihirai1:20200216183507p:plain

f:id:satoshihirai1:20200216183531p:plain

2.タスクを構成する

(1)ページボタン

ScrapeStormは自動的にリスト要素とページボタンを識別できます。もし、ページボタンの識別が失敗になったら、下記のチュートリアルをご参照ください。

ページ分けの設定

f:id:satoshihirai1:20200216183556p:plain

(2)詳細ページに行く

詳細ページに行くと、企業の番号、資本金、従業員数などの詳細情報を抽出できます。

詳細ページのスクレイピングについては、下記のチュートリアルをご参照ください。

リストページと詳細ページをスクレイピングする方法

f:id:satoshihirai1:20200216183704p:plain

(3)フィールドの追加と編集

「フィールドを追加」ボタンをクリックして、情報をクリックして、データが自動的に抽出されます。また、必要に応じてフィールドの名前の変更または削除、結合できます。

フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたフィールドを配置する方法

f:id:satoshihirai1:20200216183732p:plain

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定

ソフトウェアには色々な機能を提供しますので、必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、画像のダウンロード、スピードブーストなどを設定できます。

スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。

スクレイピングタスクを配置する方法

f:id:satoshihirai1:20200216183807p:plain

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされる。

f:id:satoshihirai1:20200216183833p:plain

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードする

f:id:satoshihirai1:20200216183910p:plain

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。

ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。

抽出結果を表示し、抽出されたデータを消去する方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータの表示と消去する方法

抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。

抽出されたデータのエクスポート方法

f:id:satoshihirai1:20200216183953p:plain