不動産なび クローラー | 不動産なびの物件情報をスクレイピング

不動産なびとは?
不動産物件情報サイト不動産なびでは、不動産会社様から常に新鮮な物件情報をご提供しています。投資物件情報、賃貸物件情報や売買物件情報、不動産に関わるお役立ち情報や住まいづくりの情報など、不動産関連情報満載です。
スクレイピングツールの概要
ScrapeStormとは、人工知能に基づき、強い機能を持っているWebスクレイピングツールです。プログラミングが必要なく、ほとんどのWebサイトからデータをスクレイピングします。URLを入力するだけで、自動的にWebサイト内容と次のページボタンを識別できます。1-ClickでWebサイトからデータを自動的に抽出します。Excel、HTML、Txt、CSVなどのさまざまな形式でデータを出力、保存できます。さらに、データベースやウェブサイトにデータをエクスポートできます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください。

1抽出されたデータ

1.タスクを新規作成する

(1)URLをコピーする
ソフトウェアは1-ClickでWebサイトからデータを自動的に抽出できます。今回は八王子市の賃貸アパートページを例として、スクレイピングする方法を紹介します。

2URLをコピー

(2)スマートモードタスクを新規作成する
スマートモードタスクを新規作成には、ソフトウェアのホムページで作成できます。また、必要に応じて、持っているタスクをインポートすることもできます。
詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
URLを正しく入力する方法

3新規作成

4URLを入力

2.タスクを構成する

(1)ページボタンを選択
ScrapeStormは自動的にリスト要素とページボタンを識別できます。今回は識別成功になります。手動でページボタンを選択方法は下記のチュートリアルをご参照ください。
ページ分けの設定

6ページボタン

(2)詳細ページ行く
所在地、賃料などの情報は詳細ページに付いていますから、「詳細ページ行く」機能を利用してください。

7詳細ページに行く

(3)フィールドの追加と編集
フィールドの追加で記事内容を選択して、スクレイピングができました。また、必要に応じてフィールドの名前の変更または削除、結合できます。
フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたフィールドを配置する方法

8フィールドの追加と編集

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定
必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、写真のダウンロード、スピードブーストを設定できます。
スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。
スクレイピングタスクを配置する方法

10起動

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされる。

11データ抽出

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードする

12エクスポート

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。
ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。
抽出結果を表示し、抽出されたデータを消去する方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたデータの表示と消去する方法
抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたデータのエクスポート方法

13ファイルの選択