読書!読書メーターから作者のおすすめ本をスクレイピングする

読書メーターとは?
読書メーターは、読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして、読書記録したり、日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。グラフや、本棚、1800万件を超える感想・レビューも。新たな本との出会いや読書仲間とのつながりが、読書をもっと楽しくします。
スクレイピングツールの概要
ScrapeStormとは、強い機能を持つ、プログラミングが必要なく、使いやすく人工知能Webスクレイピングツールです。違う基盤のユーザーに二つのスクレイピングモードを提供し、1-Clickで99%のWebスクレイピングを満たします。ScrapeStormにより、大量のWebデータを素早く正確的に取得できます。手動でデータ抽出が直面するさまざまな問題を完全に解決し、情報取得のコストを削減し、作業効率を向上させます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください

1抽出されたデータを拡大表示

1.タスクを新規作成する

(1)URLをコピーする
今回は東野 圭吾のおすすめランキングページを例として、スクレイピング方法を紹介します。まず、URLをコピーしてください。

2URLをコピーを拡大表示

(2)スマートモードタスクを新規作成する
ScrapeStormのホムページ画面にスマートモードタスクを新規作成します。また、持っているタスクをインポートすることもできます。
詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
スマートモードタスクの新規作成方法

3新規作成を拡大表示

2.タスクを構成する

(1)ページボタン
ソフトウェアは自動的にリスト要素とページボタンを識別できます。今回は識別成功になります。手動でページボタンを識別する方法は下記のチュートリアルをご参照ください。
ページをめぐる方法

4ページボタンを拡大表示

(2)詳細ページに行く
「詳細ページに行く」ボタンをクリックして、書籍の詳細情報ページに移動します。登録数、あらすじなどの情報を抽出できます。

5詳細ページを拡大表示

(3)フィールドの追加と編集
フィールドの追加には、「フィールドを追加」ボタンをクリックして、画面に抽出する要素を選択、データが自動的に抽出されます。今回自動的に生成されたフィールドは「ネタバレ」のデータを取得できませんが、手動で感想・レビューを再び識別して、うまく抽出できます。また、必要に応じてフィールド名の変更、削除、結合などの編集もできます。
フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたフィールドを配置する方法

6フィールドの追加と編集を拡大表示

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定
必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、画像のダウンロード、スピードブーストを設定できます。今回は画像のダウンロードをチェックしてください。
スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。
スクレイピングタスクを配置する方法

8起動を拡大表示

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされる。

9データ抽出を拡大表示

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードする

10エクスポートを拡大表示

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。
ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。
抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたデータのエクスポート方法11ファイルを選択を拡大表示