店舗名によってGooタウンページから店舗の情報をスクレイピング

Gooタウンページ
gooタウンページは、日本全国のグルメやホテル、病院などあらゆるお店の地図や、道案内、クーポン、口コミの情報をかんたんに検索できるインターネット電話帳です。NTT番号情報が提供する、電話番号をベースとした地域情報検索サイト「iタウンページ」の全国の店舗・企業情報と、NTTレゾナントが有する、gooのウェブ検索で培ってきた検索方法、及び表示方法のノウハウを活用したサービスです。
スクレイピングツールの概要
ScrapeStormとは、強い機能を持つ、プログラミングが必要なく、使いやすく人工知能Webスクレイピングツールです。違う基盤のユーザーに二つのスクレイピングモードを提供し、1-Clickで99%のWebスクレイピングを満たします。ScrapeStormにより、大量のWebデータを素早く正確的に取得できます。手動でデータ抽出が直面するさまざまな問題を完全に解決し、情報取得のコストを削減し、作業効率を向上させます。

抽出されたデータは下記のようにご覧ください

1抽出されたデータ

1.タスクを新規作成する

今回はURLジェネレーター機能を利用して、店舗名によって店舗の情報をスクレイピングします。
(1)URLをコピーする
まず、検索結果ページのURLの主幹をコピーしてください。

2URLをコピー

(2)パラメータを追加する
URLジェネレータでURLを入力して、パラメーターを追加画面に「ファイルから読み込む」を選んで、店舗名を入力します。生成したURLはプレビュー画面でチェックしてください。
URLジェネレータの使い方

3URLジェネレータ

2.タスクを構成する

(1)リストとページボタン
リストの識別にちょっと誤差があり、手動でやり直してください。下記のチュートリアルも参照します。ページボタンは一応「スクロールローディング」に設定してください。
ページタイプの設定方法

4ページボタン

(2)詳細ページに行く
「詳細ページに行く」機能を利用して、レストランの詳細情報ページに移動します。住所、最寄駅などの情報をスクレイピングできます。

5詳細ページ

(3)フィールドの追加と編集
「フィールドを追加」ボタンをクリックして、画面に必要な要素を選択、データが自動的に抽出されます。また、必要に応じてフィールドの名前の変更または削除、結合できます。フィールドの設定の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたフィールドを配置する方法

6フィールドの追加と編集

3.タスクの設定と起動

(1)起動の設定
必要に応じて、スケジュール、アンチブロック、自動エクスポート、写真のダウンロード、スピードブーストを設定できます。サーバーに負荷しないように、遅延時間を設定してください。5秒以上を推薦します。スクレイピングタスクを配置する方法については、下記のチュートリアルをご参照ください。
スクレイピングタスクを配置する方法

8起動

(2)しばらくすると、データがスクレイピングされる。

9データ抽出

4.抽出されたデータのエクスポートと表示

(1)エクスポートをクリックして、データをダウンロードする

10エクスポート

(2)必要に応じてエクスポートする形式を選択します。
ScrapeStormは、Excel、csv、html、txt、データベース、ローカルなどさまざまなエクスポート方法を提供します。ライトプラン以上のユーザーは、WordPressに直接投稿することもできます。
抽出結果のエクスポート方法の詳細には下記のチュートリアルをご参照ください。
抽出されたデータのエクスポート方法

11ファイルを選択

注意:法律違反しないために、抽出されたデータを悪用禁止です!